• 商品シリーズ検索!
  • 全カードデータ検索!
  • 過去1週間値下げリスト
  • 日本語
  • 英語
  • 韓国語
サプライ
main_tp

販売のあっついお知らせ 過去のトピック一覧

3月13日宇宙の咆哮販売開始ッ!!
topic/topic941
いつもカーナベルをご利用頂きありがとうございます♪

【宇宙の咆哮(G-EB01)】の
シングル販売開始いたしました!


★宇宙の咆哮 販売一覧★


とうとう宇宙までやってきました!宇宙の咆哮 発売です♪
今回のエクストラブースターはディメンジョンポリスの
既存のカードがどれも大幅にサポートされていて充実していますね!
懐かしのイニグマンズィールまで勢揃い♪
また新たに宇宙勇機と名のつくユニットも多く参戦です☆
宇宙勇機は名称指定化と思いきや、名称指定はなく、
連携してパワーを上昇していくといったコンセプトなので
なんかリアガードまで強くなる感じです。。。
パワーあげるのはVだけにしてください!と言いたくなるくらいですが、
出ちゃったものは仕方ないので、カードの紹介をしていきます!


☆ニューフェイス 宇宙勇機編☆
Gカード
超宇宙勇機 エクスタイガー
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、あなたのGゾーンの表のカード1枚につき、このユニットのパワー+4000。このユニットのパワーが45000以上なら、そのバトル中、このユニットのクリティカル+1。


とにかくパワーをあげて殴ってきます。(1番アカンやつ)
パワー45000を超えるとクリティカルもつくので、
ノーガードとは言なくなりますね。
また、珍しくコストのGゾーンのカードを表にするはペルソナではなく、
どのカードでも可能なので、1枚入れるだけでも切り札的存在として
十分に役割を果たせてくれます!
Gゾーンの表カードが3枚あり、パワー7000以上のブーストがあれば、
45000になり確実にクリティカル+1をつけれます!(もちろん他のパワー上昇でも可)

他の宇宙勇機達

大宇宙勇機 グランギャロップ
こんな小さな画像では申し訳ないくらい強いです。
ノーコストでパワー+4000してくるので、今回のGカードの特徴である
パワー○○以上の数値が達成しやすくなります!
このユニット自体にもGB2かつパワー22000の場合、
トリプルドライブチェックが出来るので、
究極次元ロボ グレートダイカイザーも真っ青ですね!

超宇宙勇機 エクスファルコン
一番アカンやつがきてしまいました!
スキルでダメージゾーンを増やすユニットですが、
いままでのカードであれば、4点以下と限られてきましたが、
このカードには使用制限はありません。
やっと理解できたようですね。そう、これで終わりです。
と言うことになります。
パワー45000も結構簡単にあげられるようになっています。
むしろそこまであがると、
余計ガードできなくてスキル発動しやすくなります。
ダメージにおくのがリアガードなので、
リアガードを出さないくらいしか回避方法がないですね。。

宇宙勇機 グランサブ
トリガーチェックのときに、このカードにトリガーを載せると、
ノーコストで退却効果もつけることもできるので、
バトル前にフィールドに出しておきたいカードです。

宇宙勇機 グランチョッパー
こちらも同様にトリガーを載せることでスキルを発揮することができ、
他ユニットもパワーをあげることができ強力です。

もちろんトリガー以外の効果でパワーをあげて誘発してもOKですね!
他にも宇宙勇機のユニットはありますので、状況に合ったカードを
使いたいです☆

☆次元ロボ編☆
Gカード
征天覇竜 コンクエスト・ドラゴン
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(2),あなたのGゾーンから裏の「第99代次元ロボ司令官 グレートダイアース」を1枚選び、表にする] あなたのカード名に「次元ロボ」を含むハーツカードがあるなら、あなたの山札からカード名に「次元ロボ」を含む、グレード3とグレード2の、カードをそれぞれ1枚まで探し、別々の(R)にコールし、その山札をシャッフルする。さらに、あなたのGゾーンの表のカード名に「次元ロボ」を含むカードが2枚以上なら、そのターン中、このユニットのクリティカル+1。


なんだか壮大な名前ですが、、
このカードは仲間を呼び(デッキからのスペコ)戦うような感じです。
Gゾーンの次元ロボ名称が2枚以上あればクリティカルも+1されます。
今のところ次元ロボのGカードはこのカードしかありませんので、
クリティカル+1を狙うのは少し時間がかかりますね。
このカードは切り札にして、Gゾーンが整うまでは我慢かもしれません!

他の名称カード達

イニグマン・トルネード
擬似スタンドが可能になったイニグマン。
超越でも、LB4ないので、手札さえ揃えば先行で、
相手がグレード2の間に叩き込むことも可能です。

新世紀超獣 ズィール
とうとう怪獣までもが双闘してきました!
サポートも非常に充実していて、
パワーをマイナスにするスキルは自爆互換を使いながら
うまく戦いたいですね。めちゃ強いと思います。
しかし黒魔女には・・ゲフンゲフン。

鋼闘機 バレングレーダー
Vに出してもRに出しても強いという、破格のカード。
コストが聖獣の探索者 クロード等と同じなのに
この優遇さは・・・。FC2015でも鋼闘機名称が
強くなるみたいなので、今後が楽しみですね!

と、メカメカしたものからウルト○マンだったり怪獣だったりと、
1つのクランで色んな要素が楽しめる内容となっております♪

これらのカードを新弾発売日3月13日(金)の15時までに
お支払い方法を代金引換コンビニ後払いでご注文頂きますと、
なんとっ!その日のうちに商品を発送!!
早ければ翌日、遅くとも翌々日にはカードが到着しちゃいます☆
(交通状況や天候悪化などの要因により遅れが生じる場合が御座いますので、その点はご了承下さいませ。)
土日はカーナベルでカードをゲットして遊びつくせ!!
最新弾から関連カードまで、早く確実に手に入れるならカーナベル!!
いち早く新カードを揃えて、ガンガンファイトしちゃいましょう♪
それではこのへんで☆アデュ~(*ゝω・*)ノシ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆過去のトピックス一覧
 2月20日 風華天翔販売開始しました♪
 1月22日 G-TD03,04販売開始♪
 12月 5日 時空超越 販売開始♪
 11月21日 ストライドジェネレーション!


03月31日

16年度新卒 可能性☆
現在  3,680  種類取扱中!
現在の会員数43,828名様

検索ランキング
03月29日~03月31日
  1. 1位
    黒翼のソードブレイカー
    黒翼のソードブレイカー
    最初微妙だと思ってましたすみません。ジャッジバウとのコンボで相手の魂をへし折りにきます そしてイラストも良い 撃退じゃないので若干の減点。逆に撃退ならぶ




  2. 2位
    星輝兵 ネビュラロード・ドラゴン
    星輝兵 ネビュラロード・ドラゴン
    こいつの起動効果で・・・Vをブーストしている愚かなRを呪縛! 呪縛!呪縛!呪縛!呪縛!呪縛!呪縛!呪縛!呪縛!呪縛!呪縛!呪縛!呪縛! 呪縛!呪縛!呪縛




  3. 3位
    ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド
    ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド
    制限が解除され全盛期復活(全盛期以上)  DDDとも相性が良いですが最近はクロスライドが強いのでオーバーロードとも組み合わせたい
  4. 4位 ブラスター・ブレード
  5. 5位 超次元ロボ ダイカイザー
  6. 6位 ドラゴニック・オーバーロード “The X”
  7. 7位 ミストゲイザー・ドラゴン
  8. 8位 ファントム・ブラスター・ドラゴン

もっとみる


最新のコメント
  1. 【デッキ投稿】
    このユニットからは、鉄の意志も鋼の強さも…(以下略)
    現状、絶賛構成思案中のデッキを掲載致します。 ディメンジョンポリスのシャドウパラディン的な立ち位置である【鋼闘機】を主軸にしたデッキ構成となっております。 因みに、Gユニットは… ...

    1時間前     HN:黒音
  2. 【カード評価コメント】
    煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート
    安定の強さw

    4時間前     HN:akaaka
  3. 【交流掲示板】
    毎度、書き込みありがとうございます!! 遥々遠征して散ってしまうと ちょっと悲しい気持ちになっちゃいますよね><笑 自分もよく遠征して大会へ行っていましたが 惨敗した後は心が...

    22時間前     HN:大野

もっとみる

カーナベル携帯サイト

画像:QRコード

※スマートフォンから
アクセスいただいた場合は、
PCページに移動します。


main_btn

このページのトップヘ